【スタンダード】年商1億円企業が5億円超えを目指すための成長戦略

【スタンダード】年商1億円企業が5億円超えを目指すための成長戦略

【スタンダード】年商1億円企業が5億円超えを目指すための成長戦略

New!

動画

3,000円

カートに入れる
配信期限:2024年05月01日~2024年06月30日

〈スタンダードセミナー〉 「年間会員」の見放題対象です。
>セミナー見放題(一部除く)の「年間会員(39,600円/年額)」登録はコチラ
※顧問先・TOMAクラブ会員の方は「年間会員」1社1アカウント無料で利用できます。新規会員登録後、連絡をお待ちください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年商1億円企業が5億円超えを目指すための成長戦略
~1億超で見えてくる壁は、持続可能な経営基盤の確立で乗り越える!~


【経営者・経営幹部 対象】

年商1億円までは社長が独りで陣頭指揮をとり、売上も自ら稼いで順調に伸びてこれたかもしれません。

しかし1億を超え、次の5億超を目指す段階になると、社長個人の力だけで成長し続けるのは難しい領域に移行することから、次のようなお悩みを多く耳にします。

●売上は伸びているのに、思うように利益が残らない、または赤字である
●売上は伸びているのに、資金繰りが苦しい、銀行からの借入が増え返済が負担である
●もっと売上は伸ばせるのに、社長ひとりが忙しく組織が機能していない
●年商5億円への具体的な道筋が見えてこない

果たしてこれらの原因はどこにあるのでしょうか?
実は、1億円から3億円・5億円に成長するには、いくつかの重要なポイントがあります。

本セミナーでは、年商1億円前後の企業が更なる成長を遂げ、5億円企業へと進化するための最も基本的なロジックを解説し、具体的な成長戦略を描くきっかけとなる話をお伝えします。

講師:TOMA税理士法人 財務コンサルタント 藤村 良和
収録日:2024年4月4日(木)
収録時間:1時間3分


<プログラム>

1.年商1億円企業が年商5億円達成に向けて取り組むべきこと
2.利益と資金残高を最大化する
3.新たな成長戦略を描く
4.組織化により社員が機能する会社にする
5.計画と見直しを習慣化する
6.成長経営を実践するためには

年商1億円企業から更なる高みを目指すためには、単なる業務のスケール拡大だけでなく、持続可能な経営基盤の確立と企業競争力の向上が求められます。

そのためには将来の理想的な状態(ビジョン)と組織が存在する目的や価値観(ミッション)を具体的な目標や戦略に落とし込み、組織全体がどのように成長し成功していくかの具体的な方向性を明確にすることが必要不可欠です。

持続可能かつ戦略的な成長のためのポイントを解説し、企業を次の段階に進化させる方法をお伝えします。

※動画の内容は、講演実施日までの法令・情報に基づくものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈無料相談〉
より詳しい内容や個別のご相談、サービスに関する説明などは初回60分の無料相談を承っております。

下記相談フォームよりご相談内容を入力ください。折り返しご連絡を差し上げます。
>無料相談のお申込みはコチラ